よくあるご質問

Q1:不動産会社の仲介手数料(3%+6万円に消費税)高すぎると感じた事ありませんか?

 

当社が手配する不動産会社は、上記正規仲介手数料の最大50%OFFです。それが前提条件の上、あらゆる販売手法を取り売却のお手伝いをさせて頂きます。納得のいく価格で売却するには、情熱のある会社・担当者との出会いが大切です。


Q2:よくある大手数社一括査定。一括見積。あまり現実味なく、参考程度にしかならないのでは?

 

不動産売買の場合は、査定価格が高くても実際に売れなければ意味がありません。不動産には全ての物件に個性があり、販売に強い会社も様々です。大手企業・地元密着の老舗・店舗ネットワークを生かしたフランチャイズ企業etc.。また、販売方法もインターネット・住宅雑誌・自社ホームページ・折込チラシ etc.

 

住宅・ビル・マンション等の見積価格は、企業の差だけでなく、間取りプラン・仕様(オプション)・工法(木造・鉄骨・鉄筋コンクリート造)で大きな差が出ます。

 

固有の敷地に合わせた提案が出来る中立的なアドバイザーが必要です。


Q3:相続対策はいろんな手法がありますが、何が一番有効ですか?

 

賃貸マンション建設・保険活用・事業承継・M&A・養子縁組 etc.ありますが、納税資金を確保をしておく事、過剰に節税対策しない事が重要です。

 

税理士さんも「企業会計に強い方」「相続対策・不動産関係に強い方」がおりますので、是非、相続対策に強い方へ相談して下さい。
想像以上に差があります。


Q4:ハウスメーカー・リフォーム会社はどうして見積書価格に大きな差が出るのか?

  1. 元請業者→下請→孫請の様な請負形態
  2. キッチン・トイレなど機器の納入価格の差(メーカー→商社→問屋→販売店の中間マージンが原因)
  3. 豊富な受注がある為に高利益の注文しか取らない etc.

様々な販売フローが存在するため、これら1~3を限界まで避けるアドバイスをします。

 


事業内容

代表者ご挨拶

ご相談の流れ