相続したが空き家はどうしますか。 ①そのまま維持する(放置) この場合でも維持費はかかります。戸建ての場合、草むしりや雨漏り防止・近隣対応。マンションは管理費・修繕積立金の負担。いずれのケースでも火災保険費用。 ②リフォームして賃貸経営する。収支が合えばメリットあり。 ③すぐに売却する。この場合家なき子特例など税控除の活用を検討するが大切です。 ④そもそも価値が無く、解体費用で赤字となるケースも多いですが、隣家や近隣の方、無償引取サービス会社などに相談する。山林引取サービスを行っている会社もあります。 一度、専門家に相談してみては、いかがでしょう。
2023/01/19
資産税関係の税制改正 ①~③のポイント解説です。
2023/01/11
小規模宅地の特例計算方法をご案内します。

亡くなる前に老人ホームに入居してた方が小規模宅地の特例を受けられる場合の要件 ・故人が要介護認定もしくは要支援認定を受けている事。 ・都道県知事への届け出がされてる老人ホームに入居してた事。 ・老人ホームに入居するまで住んでいた自宅を賃貸してない事。 不動産に関する税金の軽減措置には、細かい要件がかなりありますので注意が必要です。
ご自宅を含む土地をご所有の方は、まず小規模宅地の評価減を最大限に活用される事をお勧めします。 理由は、土地の評価額を80%ダウンする事が出来るからです。 ・特定居住用宅地等 330㎡まで 80%の評価減 ・特定事業用宅地等 400㎡まで 80%の評価減 ・貸付事業用宅地等 200㎡まで 50%の評価減
2022/12/02
相続対策の一例を分かりやすい表でご案内します。