ご自宅を含む土地をご所有の方は、まず小規模宅地の評価減を最大限に活用される事をお勧めします。 理由は、土地の評価額を80%ダウンする事が出来るからです。 ・特定居住用宅地等 330㎡まで 80%の評価減 ・特定事業用宅地等 400㎡まで 80%の評価減 ・貸付事業用宅地等 200㎡まで 50%の評価減
2022/12/02
相続対策の一例を分かりやすい表でご案内します。